「大谷二刀流ソーセージ」できる?日本ハムオーナー代行が提案

[ 2013年1月27日 08:15 ]

栗山監督にソーセージを食べさせてもらう大谷

 日本ハムドラフト1位・大谷は26日、千葉市の幕張メッセで開催された日本ハム本社の商品展示会に初めてスーツ姿で登場した。

 入団決定が遅れたため、球団から支給されるスーツが新人で唯一間に合わず、1メートル89と長身の鵜久森のスーツを借りて出席。1メートル93の大谷には若干小さめだったが「小さいかと不安だったけどサイズが合って良かった。(似合っているかは)周りの方に判断してもらえれば」とはにかんだ。

 そんな黄金ルーキーの初々しい姿を見守った大社啓二オーナー代行は、1軍での活躍を前提に「大谷二刀流ソーセージ」など、球団初となる名前入り食品を売り出す案も披露。「食品に起用するなら健康とか明るさのイメージが大事。体が大きい大谷君はイメージがいい。宮本武蔵と絡めた二刀流グッズもいいね」とプランは尽きなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2013年1月27日のニュース