立浪氏激励に大島大感激「憧れている人に言ってもらえて」

[ 2013年1月25日 06:00 ]

大勢のファンが詰めかけた大島、浅尾、田島らのトークショー

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表候補の中日・大島が偉大な先輩から“推しメン”に指名された。

 浅尾、大島、田島の中日3選手と侍ジャパン・立浪打撃コーチが24日、岐阜市内のヒマラヤスポーツ本館で「チャリティー・トークライブ」に参加。中日OBの立浪コーチは押しかけたファン約500人を前に「WBCで一番期待する男です。打球に対する反応、守備範囲の広さは申し分ない」と大島を絶賛した。

 大島の持ち味である走力について「走塁がもう少しうまくなればもっと素晴らしい一番打者になれる」とあえて注文をつけたのも、期待の表れから。大島も「憧れている人にそう言ってもらえてうれしい」と声を弾ませ、「スキがあればどんどん(盗塁して)いきたい。セーフになれば大きい」と、走塁の意識を高く持っての代表入りに意欲を見せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月25日のニュース