京都翔英 校技は少林寺拳法、エース榎本は決勝まで連投覚悟

[ 2013年1月25日 20:59 ]

選抜高校野球の初出場が決まり、ガッツポーズする京都翔英高の選手たち

第85回選抜高校野球大会出場校決定

 京都翔英は体育館で全校生徒に甲子園初出場を報告した。山口主将らがだるまに目を入れると歓声が上がった。

 少林寺拳法が校技で必修科目になっている。太田監督は「幸せは自分のものが半分、他人のものが半分、という教えは野球のチームプレーに生かされている」という。

 監督は早くも4番でエースの榎本に「甲子園では決勝まで連投しろ」と伝えた。昨秋の近畿大会初制覇の原動力になった大黒柱も「自分もそのつもり。目標は優勝ですから」と力強く話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月25日のニュース