キャンプ前に異例 早くも栗山監督契約延長発表

[ 2013年1月25日 06:00 ]

 日本ハムは24日、栗山監督の来季1年間の契約延長を発表した。

 キャンプ前の続投発表は異例。今季が2年契約の最終年だった栗山監督は、千葉市内で取材に応じ「シーズンに影響ないようにという球団の配慮はありがたいが、重圧は大きくなる。監督の責任を果たせなければ自分から引くのだから(契約延長しても)何も変わらない」と話した。今後は大谷の育成など中長期的にチームづくりを推進する方針。小林浩オーナーは「長期にわたりチームを預ける適任者だと判断し、契約延長に至った」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年1月25日のニュース