阪神 福留獲得に好感触 中村GM「越年はしないのでは」

[ 2012年12月18日 06:00 ]

 阪神とDeNAの両球団は17日、獲得を目指す前ヤンキース傘下3Aスクラントンの福留孝介外野手(35)の代理人と再交渉した。阪神入りが有力視される現状で、DeNA、阪神ともに条件面を見直し最終提示。年内にも「決着」する見通しとなった。

 阪神・中村勝広GMが、福留の代理人と電話で再交渉したことを認め「ベースは変更しないつもりだが、インセンティブ(出来高払い)の見直しを全くしていないわけではない」。11月28日の交渉で既に3年総額6億円を提示。当初、南信男球団社長は「マネーゲームはしない」としていたが、条件面を見直して上乗せしたことを明らかにした。

 同GMは「(交渉は)15分から20分間。お互いの提案をしあったということです。きょうの感触では(決定時期は)越年はしないのでは」との見通しを示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月18日のニュース