前田智は現状維持 来季は打撃コーチ補佐兼任「悔いのないように」

[ 2012年12月18日 18:26 ]

現状維持で契約更改した広島の前田智徳外野手

 広島の前田智徳外野手(41)が18日、広島市のマツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸5600万円でサインした。プロ24年目となる来季を打撃コーチ補佐兼任で臨むことになったベテランは「もう1年やることになったので、悔いのないようにしたい」と淡々と話した。

 今季も代打の切り札として56試合で打率3割2分7厘、19打点と存在感を示したが、3位争いの正念場となった終盤戦で好結果を残せず「どこかで一本が出てほしかった」とチームを救えなかったことを悔やんだ。

 球団からの要請で打撃コーチ補佐に就く。成長著しい堂林ら若手については「プロである以上、意識を高く持ってやってほしい」と注文を付けた。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月18日のニュース