菅野 3・2ソフトB戦で本拠地“デビュー”へ 原監督明かす

[ 2012年12月18日 06:00 ]

3月2日のソフトバンク戦で本拠デビューのプランが浮上した巨人・菅野

 巨人の原辰徳監督(54)が16日(日本時間17日)、優勝旅行先のハワイでドラフト1位で入団した菅野智之投手(23=東海大)を、東京ドームで行われる来年3月2日のソフトバンクとのオープン戦で本拠地デビューさせるプランを明かした。来季東京ドームでの初めての試合で、2年越しで巨人入りした大物ルーキーに晴れ舞台を用意。菅野は開幕ローテーション入りに向け、結果を求められる登板となる。チームは日本時間の18日に帰国する。

 ドラフト1位右腕の本拠地デビューの青写真が、ハワイの青空に広がった。原監督は菅野について「プレッシャーはかけたくないけどね」と慎重に言葉を選びながら、来年3月2日に東京ドームで行われるソフトバンクとのオープン戦で先発させる構想を口にした。

 「2月28日から3月3日まで侍、中国、ソフトバンクの4試合がある。3月2、3日の東京ドームはドームに慣れていない人たちを、ここで投げさせようと思っている」

 東京ドームに慣れていない投手。言うまでもなく、まだ投げていない菅野のことである。3年ぶりのリーグ優勝と日本一を支えた4本柱が内海、杉内、ホールトン、沢村。ホールトンを除く3投手は侍ジャパンの代表候補として、2月15日から始まる宮崎合宿に参加する。チームは侍メンバー抜きでオープン戦を戦うため、若手投手中心に実戦経験を積ませることが可能になる。

 4本柱のほかに先発ローテーション入りが確実なのは今季6勝を挙げた宮国。そして6番手候補の筆頭が菅野だ。昨年のドラフトで1位指名された日本ハムを拒否し2年越しの巨人入団。だからこそ本拠地デビューという最高の晴れ舞台を用意する。プロ初のキャンプで調整が順調に進めば、指揮官の構想通りとなる。

 浪人生活を送った菅野は対外試合に登板できなかったが、1年前からプロ入りを想定。「プロでローテーションに入ったと仮定して、試合前のブルペンと試合とで計200球くらい投げ込む」と中5日、中6日の間隔で紅白戦などで実戦登板を重ねてきた。11月23日に東京ドームで行われた入団発表では満員の本拠地で大歓声を浴び「あらためて巨人に入団した実感が湧いた」と感激。おじの原監督の描く3・2本拠地デビューで結果を残せば、ローテーション入りへ大きく前進する。

 日本ハム・大谷と阪神・藤浪の高卒新人投手が注目を集めている一方で、即戦力としては実績十分の巨人ドラフト1位右腕。指揮官が「背伸びをせずに一歩、一歩ということを彼には言いたい」と言うプロとしての「第一歩」を踏み出す。

 【巨人の主なドラフト1位投手の東京ドーム初登板】

 ▽上原浩治 99年3月13日のオープン戦・ダイエー戦で8回から登板。1回1安打2奪三振無失点の内容に「初めてのドームは投げやすかった」

 ▽高橋尚成 00年4月16日、横浜との公式戦で初登板。先発で7回1/3を投げ7安打3失点。開幕2連勝を飾り「凄くうれしい」

 ▽木佐貫洋 03年3月30日、中日相手の公式戦で初登板。先発し1回1/3で5失点KOを喫し「学生時代は球威で抑えられたけど、コントロールの大切さを思い知らされました」

 ▽内海哲也 04年9月26日の阪神戦で初先発し、8回途中4失点。味方打線が逆転して黒星を免れ「いい勉強になりました」

 ▽金刃憲人 07年4月4日、公式戦の中日戦で初登板。先発で5回1/3を6安打2失点で勝敗付かず。「緊張することなく投げられた」

 ▽沢村拓一 11年3月2日のオープン戦・西武戦に先発。同じくドラフト1位の大石と投げ合い4回1安打4奪三振無失点。「期待に応える投球をしようと」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月18日のニュース