「笑っている場合ではない」斎藤 成績ダウンでもアップ査定のワケ

[ 2012年12月18日 08:00 ]

微増ながら笑顔なき会見で来季の活躍を誓う日本ハム・斎藤

 17日の契約更改交渉で、500万円増の年俸3500万円でサインした日本ハム・斎藤。プロ2年目の今季は開幕投手として白星スタートを切り、その後も初完封勝利を挙げるなど5月4日までに4勝(1敗)を挙げた。

 しかし、5勝目を挙げた6月6日の広島戦を最後に勝ち星はなく、終わってみれば1年目の数字(6勝6敗)を下回る5勝8敗。7月下旬からは約2カ月間の2軍生活も味わった。

 ところが2年連続の年俸アップ。斎藤本人も「笑っている場合ではないですから…」と笑顔はなかったが、島田利正球団代表はこの査定について「登板数(19)は去年と同じだし、イニング数(107→104)もほぼ同じ。開幕戦もそうだけど、前半戦は貢献してくれたという評価」と説明。マイナス査定よりも、プラス査定が上回ったわけだ。単純に計算すれば「1勝100万円」である。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月18日のニュース