バレンティン16年まで契約延長!14年から3年総額6億円超

[ 2012年12月15日 20:38 ]

 ヤクルトは15日、2年連続でセ・リーグ本塁打王に輝いたバレンティン外野手と2016年まで契約を延長したと発表した。13年は年俸95万ドル(約7885万円)で、14~16年は3年総額750万ドル(約6億2250万円)の大型契約となる。

 また、バーネット投手とミレッジ外野手とも契約を延長した。来日3年目で初のセーブ王を獲得したバーネットは13年から2年総額320万ドル(約2億6560万円)で合意した。

 来日1年目で打率3割、21本塁打をマークしたミレッジは13年が110万ドル(約9130万円)で、14~15年は2年総額330万ドル(約2億7390万円)となる。16年は両者が希望した場合に契約を延長する。(金額は推定)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月15日のニュース