ダルに思わぬ強敵!同僚主砲ハミルトンがエンゼルス移籍

[ 2012年12月15日 06:00 ]

ダルビッシュ(右)にとって強敵となるハミルトン

 レンジャーズのダルビッシュに思わぬ強敵が現れた。エンゼルスは13日(日本時間14日)、レ軍からFAのジョシュ・ハミルトン外野手(31)と5年総額1億2500万ドル(約105億円)で合意。今季43本塁打を放った主砲を同地区のライバル球団に奪われ、レ軍のジョン・ダニエルズGMは「この展開は少し残念だ」と落胆した。

 長期契約を望む31歳の主砲に対し、レ軍の提示は3年契約。薬物使用とアルコール依存症だった過去があり、そのリスクからどうしても二の足を踏んだ。5月8日のオリオールズ戦でハミルトンが大リーグ記録に並ぶ1試合4本塁打した際、ダルビッシュは「本当に凄い選手」と絶賛。登板試合では何度も援護を受け、頼りにしていた。その主砲と来季は地区優勝を懸け、しのぎを削る。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月15日のニュース