トラウト、プホルス、ハミルトン!エ軍“最強”打線完成

[ 2012年12月15日 06:00 ]

 エンゼルスはリーグ屈指の重量打線が完成した。1番に今季30本塁打、49盗塁のトラウトが座り、3番はデビューから12年連続30本塁打以上で「最強打者」の呼び声高いプホルス。4番にはハミルトンが座り、5番以降も今季32本塁打、95打点のトランボ、22本塁打、73打点のモラレスと続く。

 プホルスはこの日、USAトゥデー紙の取材に応じ、加入したハミルトンについて「驚いたけど、うれしい。彼とは朝に話したけど凄く気合が入っていた」と歓迎した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月15日のニュース