9発でも今季チーム最多の楽天・牧田 ラッキーゾーン大歓迎

[ 2012年12月15日 06:00 ]

Kスタ宮城の「ラッキーゾーン」新設で本塁打が増える可能性が出てきた楽天・牧田

 来季からKスタ宮城の左中間、右中間からポール際にかけた2カ所に「ラッキーゾーン」のようにフェンスを設置して柵内に外野席が増設されることに、同球場室内で自主トレを行った楽天・牧田は「うれしい。Kスタで1本でも多く打ちたい」と歓迎した。

 今季はチーム最多ながら9本塁打しか打てず、外野フェンス手前で捕球される打球も多かった。守備は定評があり「これまで外野の間を抜けた打球は“走者を三塁に行かせないように”と考えていたけど、来年は“二塁で刺す”という気持ちで守る」と目を輝かせた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月15日のニュース