坂本 次期主将候補に!阿部「いい人間になってきている」

[ 2012年12月15日 06:00 ]

長野(左)、藤村(右)が祝福する中、バースデーケーキを手に笑顔の巨人・坂本

 ポスト阿部だ。優勝旅行先のハワイで13日(日本時間14日)、24歳の誕生日を迎えた巨人・坂本が、原監督から次期主将候補の指名を受けた。

 「戦っていく上において、やっぱり坂本、長野でしょう。あの2人が横綱(阿部)の土俵入りの時の太刀持ちと、露払いというか、しっかり役割は持ったと思う」

 指揮官は次期主将候補に今季173安打で最多安打のタイトルを分け合った2人を挙げた。現主将の阿部は07年に第18代主将に就任。来季で7年目と「長期政権」となっており、阿部自身も「多分みんなが背負ったことのない責任を、俺は背負ってきたと思う。(2人は)いい選手、いい人間になってきている」と2014年シーズンでの禅譲を視野に入れている。

 坂本も次世代のチームリーダーに向けての自覚は芽生えている。「期待してもらえるのは選手として凄くうれしいこと。阿部さんはいつも背中を追い掛けてきた人。いつか同じ立場になれればうれしい」。26歳シーズンとなる14年に主将となれば、沢村栄治らと並んで巨人史上最年少となる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月15日のニュース