岩瀬 8000万円ダウンも“納得”サイン「来年は相当な覚悟で」

[ 2012年12月15日 06:00 ]

8000万円ダウンで更改した中日・岩瀬

 中日・岩瀬が名古屋市の球団事務所で契約更改交渉を行い、8000万円減の年俸3億7000万円で一発サインした。今季は33セーブでセーブ王を獲得したが、プロ14年目で初の減俸。

 それでも8月には10年ぶりの2軍落ちも経験しただけに「それぐらいにはなると思っていた。今年は後半が良くなかったし、来年は相当な覚悟で1年間戦わないといけない」。日本人最高年俸から陥落した左腕は、今季で4年契約が終了。来季は単年契約となり、背水の覚悟で臨む。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月15日のニュース