京大41人現役合格の“文武両道”堀川 聖地へ一歩前進

[ 2012年12月15日 06:00 ]

21世紀枠候補発表

 堀川(京都)は俳優の故藤田まこと氏の母校で、府内屈指の進学校が57年ぶりの聖地へ一歩近づいた。今秋の京都大会は16強入り。加えて今年3月の卒業生は41人が京大に現役合格しており、文武両道の実践を評価された。

 石黒建伍主将は「学校では勉強、グラウンドでは野球に集中してケジメをつけている。出場は分かりませんが、具体的な目標ができたので冬の過ごし方も変わってくる」と意気込んだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年12月15日のニュース