凱旋のはずが…光星学院 飲酒問題で全校生徒に謝罪、3人は停学

[ 2011年8月25日 12:03 ]

全校生徒への報告会で整列する光星学院の野球部員ら

 第93回全国高校野球選手権大会で準優勝した光星学院(青森県八戸市)は25日、野球部員3人の飲酒問題で全校生徒への報告会を開き、仲井宗基監督や川上竜平主将らが謝罪した。

 法官新一校長は報告会終了後、部員3人を23日に停学処分にしたことを明らかにした。26日からの秋季リーグ戦への出場については「検討中」とした。

 報告会は体育館で開かれ、ベンチ入りメンバーと監督が生徒ら約980人の前に整列。川上主将が「迷惑をかけて本当にすみません」と述べた。

 24日に日本高野連から差し戻された報告書については、25日に郵送で再提出するという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月25日のニュース