ラミの一発だけじゃ…巨人わずか4安打 5割逆戻り

[ 2011年8月25日 06:00 ]

<巨・神>4回、通算350号本塁打を放ち、三塁ベースを回るラミレス

セ・リーグ 巨人1-2阪神

(8月24日 東京D)
 たった1点。その1点が限りなく遠かった。4回、ラミレスが放った自身通算350本塁打となる同点ソロも、終わってみれば空砲に。5回以降は無安打とわずか4安打。三塁も踏めなかった。原監督は「多くの打席に立っている連中が何とかしないと。ここまで来たらね。なかなか機能しない」と、目を大きく見開いて指摘した。

 またも苦手左腕に屈した。09年から8連敗を喫し、今季は1勝3敗、通算4勝12敗の能見。攻略の鍵はボール球になる低めのスライダー、フォークの見極めだ。5回までその変化球に手を出さないよう我慢して、計95球を投げさせた。しかし勝負どころの中盤で、相手バッテリーの配球に幻惑された。変化球を残像に利用した、直球主体の攻めに対応できなかった。

 6回、先頭のラミレスが内角低めの直球を見逃して3球三振。高橋由もオール直球で3球目に中飛、高橋信も内角高めを直球で攻められ左飛に倒れた。わずか8球で3人が打ち取られ、7回も11球で3者凡退。岡崎ヘッドコーチは「いつもやられているパターンは、(ボール球を)振らずに見極められた。でも相手も考えてさらに上をいく。プロの勝負だから」。直球で懐を果敢に攻めてきた能見に11三振。ラミレスの3三振など、中軸3人で計6三振を喫した。

 ジャスト100試合を消化。2位こそキープしたが6試合連続で貯金1の壁を破れず、再び勝率5割に逆戻りした。5位・広島まで1・5差の大混戦。1試合、1球たりとも気を抜けない戦いは、ここからが正念場だ。

 ▼巨人・ラミレス(4回1死で自身通算350本塁打となる14号ソロ)ストライクに来る球をしっかり捉えようと思っていた。(能見は)ずっといい投球で、なかなか打てる球が来なかった。

 ▼巨人・長野(能見は)落ちる球とインサイドの真っすぐを見せられて、コンビネーションが良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月25日のニュース