猛暑で制球乱れ…2ラン浴びた建山「打たれるときもある」

[ 2011年8月25日 11:52 ]

レンジャーズ2―13レッドソックス

 レンジャーズの建山義紀投手は24日、アーリントンでのレッドソックス戦で1―7の6回に2番手で登板し、2点本塁打を許して1回を2安打2失点だった。勝敗は付かず、チームは2―13で敗れた。

 建山は6点をリードされた6回に登板すると2ランを浴びた。気温40度近い本拠地での連投。「問題はなかった」と疲れは否定したが、細かな制球が乱れた。

 先頭打者のマクドナルドに右前に運ばれ、エルズベリーに初球を右翼ポール際にたたき込まれて2点を失った。チームは2―13の大敗となり「抑えるときもあれば打たれるときもある。プロですから、いちいち引きずらずに切り替えるしかない」と話した。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月25日のニュース