大谷“魔の2回”ブチ壊し6失点に「取られすぎ」

[ 2011年8月25日 06:00 ]

<ソ・ロ>2回1死、松田にソロ本塁打を浴びる大谷

パ・リーグ ロッテ0-6ソフトバンク

(8月24日 ヤフーD)
 ロッテの先発・大谷が2回に6失点と崩れた。

 1死から松田に先制ソロを被弾。さらに本多、内川に連続適時打を浴び、松中には右越え3ランを打たれた。重量打線に失投をはじき返され「6点は取られすぎ。試合を壊してしまった」と肩を落とした。

 打線は相手と同じ9安打を放ちながら、つながりを欠いて零敗。4位の楽天に0・5ゲーム差と迫られ、西村監督は「(大谷は)初球の入り方を慎重にいかないと」とKOされた右腕に厳しい注文を付けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月25日のニュース