「バカボン」七条 2軍落ち…2戦連続早々KO

[ 2011年8月25日 06:00 ]

<ヤ・中>ここまで4勝0敗の実績も「パー」?2回4失点で降板のヤクルト先発・七条

セ・リーグ ヤクルト6-6中日

(8月24日 神宮)
 「バカボン」の愛称で親しまれるヤクルトのルーキー七条が、2試合連続でKO。無念の2軍落ちが決まった。

 2/3回で8失点だった17日の横浜戦(神宮)と同様に、生命線の制球が定まらず2回6安打4失点。小川監督は「今のままでは次、投げても同じだろう」と話した。25日に出場選手登録を抹消される。荒木チーフ兼投手コーチから「疲れもあるだろうし、リフレッシュしてこい」と声を掛けられたという右腕は、「準備はできていたし完全に力負け。一からやり直してきます」と話し、荷物を車に積み込んだ。

 新人では球団記録となる開幕から無傷の4連勝をマーク。この日も打線の奮起で黒星が消え、チームは今季14度目の引き分けとなった。優勝へのラストスパートには勢いが不可欠。不敗神話を継続した強運ルーキーの復調が待たれる。

 ▼ヤクルト・ガイエル(今季初安打を含む3安打2打点)遅くなったけど、何とかチームに貢献したいと思っていた。チームがいい方向にいってくれればいい。

 ▼ヤクルト・林昌勇(9回2死で、腰痛から復帰後初登板。和田を遊ゴロに仕留める)もう体は問題ない。ずっと首位を守りたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年8月25日のニュース