“早大ドラ1トリオ”大トリ…福井が初の打撃投手

[ 2011年2月21日 18:16 ]

 広島のドラフト1位の福井(早大)が初めて打撃投手を務めた。2年目の堂林ら4人に対して直球のみ31球を投げ、安打性の打球は3本に抑えた。「ある程度狙ったところに投げられたし、球の回転もよかった」と満足そうに話した。

 最速は138キロだったが、大野投手チーフコーチは「やはり違いますね。(球が)ピュッとくるような感じ」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月21日のニュース