マートンいきなり結果 Aロッド打法で初打席初安打

[ 2011年2月21日 06:00 ]

紅白戦の1回表2死、マートンは左前打を放つ

阪神紅白戦 紅組1-0白組

(安芸)
 虎の安打製造機が新たな1年の第一歩を記した。昨季214安打のプロ野球記録をマークした阪神・マートンが、紅白戦に「3番・右翼」で出場。初の実戦の第1打席で、左腕・能見からいきなり左前打を放った。

 「ボールをしっかり見て、リズムとタイミングを取れるように考えていた。1試合目としては、まあまあかな」

 昨年は練習試合、紅白戦を含めて初安打に8打席を要したが、まさに幸先のいいスタートだ。来日1年目でイチロー超えの快挙を果たしても、さらに上を見つめる。今季取り組んでいるのが、A・ロドリゲス(ヤンキース)らメジャーを代表するパワーヒッターを参考にした打撃フォーム。左足を従来よりゆっくり高く上げ、トップの位置を2~3センチ深くする。「取り組んでいることに対して、いい感じで終われたね」。今キャンプでもチーム関係者に撮影してもらった打撃フォームの連続写真を研究材料に使うなど、勤勉な姿勢は今年も変わらない。

 21日の紅白戦にも先発出場予定で「どんな状態であっても、ゲームに出るからにはいい感覚で終わりたいからね」とマートン。虎のヒットメーカーは今季も健在だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月21日のニュース