「ほぼ全力で行けます」荻野貴が右膝OK宣言

[ 2011年2月21日 06:00 ]

 昨年5月に右膝を手術したロッテ・荻野貴の口から、21日の紅白戦へ向け、全開宣言が飛び出した。ここまで膝の状態を考慮して8割程度の力で走塁を行っていたが「ほぼ全力で行けます」と言葉に力を込めた。

 この日は、遊撃を争う根元、細谷とともに約1時間の特守を行い「(膝への)怖さはなくなっている。もうちょっと球際に強くなりたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月21日のニュース