ベンチ選手名もスクリーン表示

[ 2008年4月11日 06:00 ]

 東京六大学野球連盟の理事会が10日、都内で行われ、12日開幕の春季リーグ戦から改装された神宮球場の大型スクリーンで各試合のベンチ入りメンバー25人の氏名を表示することが決まった。また映画「最後の早慶戦」の予告映像を15秒間流し、ポスターを掲示することも決定。ほかに開門後に六大学歌集を場内に流すことも提案された。内藤事務局長は「球場の改装を契機に少しでも観戦する方のお役に立てれば」と話した。

 ≪東大・井尻主将 早大撃破に自信≫懇親会では各校の監督が抱負を語った。12日の開幕試合で4季連続優勝を狙う早大と対戦する東大・中西監督は「昨年より勝つ意識は高い」とチームを分析し、井尻主将も「気付けば点が入っているという打線に仕上がった」と自信を見せた。神宮の改装により第2球場で使われていた芝を譲り受け、2月にグラウンドへの張り替えが完了。環境面も整った。一方で受けて立つ早大・応武監督は「4連覇のカギは斎藤佑樹。1つずつ頑張りたい」と話した。

続きを表示

2008年4月11日のニュース