金本 雨で記録達成は敵地に持ち越し

[ 2008年4月11日 06:00 ]

 通算2000安打にあと1本と迫りながら、阪神の金本は2試合連続で無安打に終わった。10日の中日戦は午後2時半に雨天中止が決まり、甲子園での達成は水入り。敵地で行われる11日からの横浜3連戦に持ち越しとなった。チームは中止決定後に室内練習場で調整。だが、そこに金本の姿はなかった。広沢打撃コーチは「積極的な休養。中(トレーニング室)でやれることをやっているよ」と説明した。

 王手をかけてから11打席連続無安打。本人が「通過点」と言う快挙も周囲の目がそうさせてくれない。前夜も「見に来ている人は見たいやろうしな…」と背負う期待の大きさを痛感していた。11日は開幕戦でチーム初安打となる三塁打を放った寺原との対戦が有力。昨年、金本が3試合以上にわたって無安打だったのは、わずか2度。雨の向こうに、きっと“晴れ舞台”が待っている。

続きを表示

2008年4月11日のニュース