ダルビッシュ 95球であっさり完封

[ 2008年4月11日 06:00 ]

<日本ハム・楽天>完封勝利のダルビッシュはスタンドのファンにサインボールを投げ入れる

 【日本ハム1―0楽天】エースの中のエースだ。日本ハム・ダルビッシュ有投手(21)が10日、楽天・岩隈久志投手(26)との息詰まる投手戦を制した。被安打はともに3ながら、要所を締めて三塁を踏ませず。試合時間わずか2時間8分で楽天打線を料理し、味方打線が挙げた虎の子の1点を守り抜いた。今季2度目の完封劇で試合前まで防御率1位だった岩隈をかわしてトップ。チームは4連勝で貯金3とした。

 わずか2時間8分の完封ショーは圧巻だった。9回完投では自己最少となる95球。ダルビッシュは涼しい顔でお立ち台に上がった。
 「あす(11日)移動ゲームだし、きょうは荷物出しもある。特に球数を意識していたし、力を残して7、8、9回を投げることができた」
 序盤から楽天・岩隈との息詰まる投手戦。先に安打を許したのはダルビッシュだった。6回2死から渡辺直に146キロツーシームを右前打された。それでも「ノーヒットじゃなくても0点に抑えれば負けはない」と気持ちを切り替え、丁寧に後続を打ち取った。
 試合前、リラックスのためロッカールームで卓球に興じていると梨田監督から「中継ぎが苦しいから完投してくれ」と指令が出た。「監督が直接言ってくるのは今までなかった。12回まで投げるつもりだった」とダルビッシュ。三振は狙わず、打たせて取る制球重視の投球を展開。0―0の7回は吉井投手コーチに「このまま同点だったらいつまででも投げます」と宣言した。直後に味方打線が1点を奪ってからギアチェンジ。最後の1球がこの日最速の151キロ。奪三振はわずかに6だが、数字以上に力の差をまざまざと見せつけた内容に指揮官も「打たせて取る大人の投球だった。負けの心配はしていなかった」とベタ褒めした。
 3日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で7回2失点。今季初失点に納得がいかなかったダルビッシュは調整法を変更した。通常は登板2日前に入るブルペンに「真っすぐの質と制球がいい感じじゃなかった」と4日前にも入った。異例のブルペン2回調整も常に上を目指しているエースだからこそ。今季2度目の完封劇でそれが間違いでなかったことを証明した。
 防御率は岩隈をかわして1位に浮上。勝利数に奪三振数、完封、投球回数もリーグトップに立つ。サエコ夫人(21)は長男出産直後とあって札幌市内の自宅でテレビ観戦。「とりあえず帰ります」。完ぺきに仕事をこなした日本一格好いいパパは、愛する家族の元へ足早に帰っていった。

続きを表示

2008年4月11日のニュース