コリンズ監督 ナインの粘りには手応え

[ 2008年4月11日 22:28 ]

 【オ4-5楽】オリックスのコリンズ監督はサヨナラの場面のクロスプレーをめぐり、勢いよくベンチを飛び出して球審に抗議した。「足が届いていなかったのではないかと主張したのだけれど。誰にでもミスはある」と自らを落ち着かせるように淡々と話した。

 今季初のサヨナラ負けとなったが、1―4の七回から1点ずつ返して延長に持ち込んだ。ナインの粘りには手応えを感じているようで「一生懸命戦ったし、追いついたのはうれしいこと」と前向きだった。

続きを表示

2008年4月11日のニュース