×

峰竜太が大関昇進の御嶽海を祝福 “既読スルー”で確信した初場所の優勝 同郷・長野県出身で親交

[ 2022年1月27日 05:30 ]

親交が深い峰竜太と御嶽海
Photo By スポニチ

 御嶽海の大関昇進を同郷の俳優峰竜太(69)が祝福した。長野県下條村出身で、県の永久観光大使を務める峰は同郷の御嶽海と約7年の付き合い。見守ってきた力士の悲願成就に喜びの手記を寄せた。

 御嶽海さん、おめでとう!

 同じ長野県出身として誇りに思います。何しろ、あの雷電以来、227年ぶりの大関誕生ですから、地元は大騒ぎですよ。

 御嶽海さんが2015年に入門したころ、長野県のテレビ番組で共演したりしてから仲良くさせてもらっています。コロナが流行する前まではウチに来てもらったり、食事に行ったりするようなお付き合いでした。

 3度目の優勝を飾った初場所。実はいい意味で異変を感じていました。毎場所、ほとんど毎日のように「頑張れ!」「あと〇日だ!」っていうようなLINEを僕が送っていて、御嶽海さんから「ありがとうございます!」「頑張ります!」という返信が来るというのが“恒例行事”でした。それが、初場所では既読にはなるんだけど、一度もリアクションがなかった。律義な人だから、こんなこと初めて。それだけ集中しているんだと分かって、今場所はやってくれると思っていました。だから賜杯を手にした姿を見た時は感慨深かった。うれしかったね。

 学生横綱、アマチュア横綱の肩書を引っさげて角界入りした割には大関昇進に時間がかかったのかもしれません。だけど、会った時に「結果を出すので見ていてくださいね」っていう言葉があったから胸に秘めた自信を感じて信じていました。雷電の現役時代は大関が最高位だったんですよね。だから、御嶽海さんにはその先を目指してもらいたい。御嶽海時代の到来を楽しみにしています。(俳優)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月27日のニュース