×

出羽海親方 御嶽海の大関昇進に「夢にも思わなかった」 部屋47年ぶりの新大関

[ 2022年1月27日 05:30 ]

大関昇進の伝達を受け、会見する御嶽海(左)と出羽海親方
Photo By 代表撮影

 部屋を継承して8年。再興を託した御嶽海が部屋として47年ぶりの新大関となり、師匠の出羽海親方(元幕内・小城ノ花)は「とにかくうれしい。こういう日が来るとは夢にも思わなかった」と喜びに浸った。

 優勝回数は九重部屋と並ぶ最多52回。歴代最多の横綱9人を生んだ角界屈指の名門に、新たな歴史を刻んだ。師匠は「恥ずかしくない相撲、言動、行動を取り、さらに上を目指してほしい」と期待した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月27日のニュース