×

現役最年長・51歳の華吹が引退 昭和初土俵最後の力士 

[ 2022年1月27日 05:30 ]

華吹
Photo By スポニチ

 日本相撲協会は26日、元幕内・旭秀鵬、51歳の序二段・華吹ら25人の引退を発表した。1986年春場所初土俵の華吹は歴代最多となる在位214場所で通算成績は683勝788敗13休。昭和初土俵最後の力士だった。引退力士は次の通り。かっこ内は部屋。

 旭秀鵬、春日龍(以上友綱)朝鬼神、朝大門(以上高砂)霧津羽左(陸奥)若ノ藤、石原、有川、今福(以上放駒)北勝輝、北勝誉、北勝岩見、北勝空(以上八角)健司(入間川)野上、朱風、富士ノ風(以上尾車)御船山、八代海(以上木瀬)闘鵬(大嶽)三重乃里(春日野)峻峰(芝田山)華吹(立浪)若山(阿武松)佐田剛(境川)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月27日のニュース