本田真凜 インカレで最後まで滑りきるも…体調不良で取材は急きょ中止

[ 2022年1月7日 14:56 ]

本田真凜
Photo By スポニチ

 フィギュアスケートの日本学生氷上競技選手権大会(インカレ)が7日、北海道の帯広市内で行われ、女子7、8級クラスで本田真凜(明大)が出場した。

 冒頭のダブルアクセル(2回転半)―3回転トーループの連続ジャンプで着氷。その後も演技を続けていたが、途中で胸に手を押さえて苦しそうになる場面も。最後まで滑りきった後、再び胸に手を当てて苦しそうにリンクから引き揚げた。

 演技後にはオンラインによる報道陣の取材が予定されていたものの、急きょ中止に。スタッフは「体調が優れないので、取材は受けられないとのことです」と説明した。

 この日の帯広は最高気温がマイナス3度。男子7、8級が行われた前日から多くの選手が厳しい寒さを語っていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月7日のニュース