×

男子は総体4強・清風が初戦敗退、女子は連覇狙う就実がストレート勝ち

[ 2022年1月7日 05:30 ]

バレーボール 全日本高校選手権 ( 2022年1月6日    東京体育館 )

県岐阜商に敗れた清風の選手たち
Photo By 共同

 2回戦が行われ、男子で前回覇者の東福岡が2―0で東亜学園(東京)を下し3回戦に進んだ。前回準優勝の駿台学園(東京)は仙台商(宮城)に2―1で、全国高校総体優勝の鎮西(熊本)は埼玉栄に2―0で勝った。総体4強の清風(大阪)は県岐阜商にストレート負けした。女子で2連覇を狙う就実(岡山)も細田学園(埼玉)にストレート勝ち。高校総体覇者の下北沢成徳(東京)は城南(徳島)を2―0で退けた。

 《清風、サーブに苦戦》男子で優勝候補の一角に挙げられていた清風は県岐阜商の力強いサーブに苦しみ、初戦で姿を消した。サーブレシーブが定まらず、単調になった攻撃は相手の堅守に阻まれた。前回大会、昨年夏の全国高校総体と4強入り。平均身長は高くないが、卓越したコンビバレーを武器としてきた。司令塔のセッター前田は「“小さくても日本一に”と言い続けてきたが、何もできなかった。通用しなかった」と唇をかんだ。

 《就実は競り合い制す》女子で前回覇者の就実は、苦しみながらも連覇へ向けて第一歩を踏み出した。4連続失点から始まった第1セットは終盤まで追いかける展開。第2セットも中盤まで競り合いが続いた。ともに1メートル76で二枚看板の深沢姉妹に相手ブロックが集中。その隙をぬうように、第2セットからはミドルブロッカー岡田らによる中央やライトからの攻撃がさえた。エースの深沢めは「ほかのみんながしっかり点を取って、リズムをつくってくれた」と感謝した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月7日のニュース