×

BL東京 19歳有望株ワーナー・ディアンズが開幕戦へ闘志「東芝での初キャップは大切」

[ 2022年1月7日 14:03 ]

開幕戦を前に気合の入るワーナー(左)と徳永(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ラグビーの新リーグ「リーグワン」のBL東京(旧東芝)は7日、あす8日に行われる東京SG(旧サントリー)との開幕戦(東京・味の素スタジアム)に向け、東京都府中市のグラウンドで最終調整した。練習後には19歳有望株のロック、ワーナー・ディアンズが取材に応じ、意気込みを語った。

 前日に降った雪が残るグラウンド。ディアンズはリラックスした表情で練習を終えたが、静かに闘志を燃やしていた。「東芝(BL東京)での初キャップは大切だと思っているし、楽しみ」。昨年4月に流通経大柏高から加入し昨季は出場なしだが、それより先に同11月のポルトガル戦で日本代表の試合に出場しているという珍経歴。8日の新リーグ開幕とともにBL東京(東芝)デビューとなる。

 持ち味は身長2メートル2、体重124キロといった体格を生かしたプレーだ。「身長が高いので、ラインアウトで相手のボールにプレッシャーとか、自分たちのボールをしっかり取れるようにしたい」とアピールした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月7日のニュース