×

東九州龍谷 早すぎる終戦…前々回女王がフルセットの末に敗れる 佐村主将「とても悔しい」

[ 2022年1月7日 05:30 ]

バレーボール 全日本高校選手権女子2回戦   東九州龍谷1ー2共栄学園 ( 2022年1月6日    東京体育館 )

 前々回大会を制した東九州龍谷がフルセットの末に敗れ、2回戦で姿を消した。第1セットを奪ったが、そこから開き直った相手エースの勢いを止められなかった。東京五輪女子日本代表コーチなどを経て、10月に復帰した相原昇監督は「こちらがチャレンジャーにならないといけないのに先に集中が切れたプレーをした」と振り返り、「全国で上位争いができるバレーを目指していかないと。ブロック力がいる」と課題を挙げた。

 1年生から先発で春高の舞台に立ち、今年は主将としてチームを引っ張った佐村真唯(3年)は「これが3年間の全てと思うととても悔しい」と言葉を絞り出した。「先輩としての背中は見せられたと思う。ついてきてくれた後輩には感謝しているし、もう一回全員でやってほしい」と下級生にV奪回の目標を託した。卒業後は関東1部の大学に進学しプレーを続ける予定。バレーにささげた3年間を「東龍に来て人間性も成長した」と感謝しながら振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月7日のニュース