×

笑顔なき勝利 インターハイ王者の鎮西は初戦突破も、内容に不満顔 平嶋「鎮西のバレーができなかった」

[ 2022年1月7日 05:30 ]

バレーボール 全日本高校選手権男子2回戦   鎮西2ー0埼玉栄 ( 2022年1月6日    東京体育館 )

鎮西の高い3枚ブロック
Photo By スポニチ

 インターハイ覇者の鎮西がストレート勝ちで初戦を突破した。要所でブロックを決めるなどしたが、試合後の選手たちは誰もが不満顔だった。

 ミドルブロッカーの平嶋晃(3年)は「細かいミスが出て鎮西のバレーが全然できなかった」と反省し、エース対角の平田悠真(2年)は「追いかけられる側になっても挑戦者として挑もうと話していた。でも初戦の硬さが出た」と話した。

 エース舛本颯真(2年)も「自分の思うようなプレーができなかった。スパイクも全然当たらなかった」と反省しきりだった。チームは4大会ぶりの優勝を目指している。前回優勝メンバーの水町泰斗(早大)が昨年末に学校を訪れて、「頑張れよ」とエールを送られたという。憧れの先輩の励ましに応えるためにも、「気持ちを切り替えて全部決める気持ちでいく」と力を込めた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月7日のニュース