×

松山英樹は4アンダー発進 米男子ゴルフ22年初戦

[ 2022年1月7日 11:28 ]

米男子ゴルフ セントリー・チャンピオンズ第1日 ( 2022年1月6日    ハワイ州 プランテーションC=7596ヤード、パー73 )

松山英樹
Photo By スポニチ

 2022年初戦が開幕し、松山英樹(29=LEXUS)は5バーディー、1ボギーの4アンダー、69をマークした。

 マスターズ王者の松山は全米プロ選手権覇者のフィル・ミケルソン(米国)と同組でラウンドした。ホールアウト時点で12位。

 5番パー5で2オンに成功して新年初バーディー。その後はチャンスを生かせない展開が続いたが、13番、14番と第2打をピンに絡めてバーディーを奪うと、15番パー5、16番でも伸ばして4連続バーディーとした。最終18番パー5でティーショットを左のペナルティーエリアに打ち込み初ボギーを叩いたが、69の好スコアで回った。

 日本で勝利を挙げた昨年10月のZOZOチャンピオンシップ以来の復帰戦。2カ月以上のブランクを全く感じさせないゴルフだった。プレーの合間には早藤キャディーと談笑する場面がたびたび見られた。

 前年のツアー優勝者と東京五輪金メダリストのザンダー・シャウフェレ(米国)のみが参加できるエリート大会。過去に3度トップ5に入っておりコースとの相性も良い。上位を狙える位置で2日目以降に臨む。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月7日のニュース