宇野昌磨 初滑りから4回転3本 五輪控え「残りの試合も全力を」

[ 2022年1月4日 23:24 ]

<名古屋フィギュアスケートフェスティバル>演技をする宇野昌磨(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 アイスショーの「名古屋フィギュアスケートフェスティバル」が4日、愛知県の日本ガイシアリーナで開催された。

 2大会連続で五輪に出場する宇野昌磨(トヨタ自動車)は「オーボエ協奏曲」で4回転トーループを2本着氷。グランド・フィナーレでは最後に登場し、4回転サルコーを着氷させた。

 赤と黒の衣装に身を包み、地元で気持ちのこもった演技を披露。「多くの方々に笑顔になってもらえるよう、今回のショーや残りの試合も全力を出し切って頑張ります」などとコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月4日のニュース