【箱根駅伝】青学大ぶっちぎりV 88年順大17分9秒以来の大差

[ 2022年1月4日 05:30 ]

第98回東京箱根間往復大学駅伝 復路 ( 2022年1月2日    神奈川・箱根町~東京・大手町 5区間109・6キロ )

ゴールで最終ランナーの中倉を待ちわびる青学大メンバー(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 青学大が2位の順大に10分51秒の差をつけて圧勝した。88年優勝の順大と2位大東大の17分9秒差以来となる大差で、青学大では初優勝した15年に2位駒大につけた10分50秒を1秒上回る最大差のVとなった。大会では、38年優勝の日大が2位専大(2番手だった明大が失格)につけた37分59秒が最大差。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2022年1月4日のニュース