スピードスケート男子に新星!21歳・森重「びっくり」2強抑え北京五輪シーズン初戦で初優勝

[ 2021年10月23日 05:30 ]

スピードスケート 全日本距離別選手権第1日 ( 2021年10月22日    長野エムウェーブ )

<全日本スピードスケート距離別選手権第1日>男子500メートルで優勝した森重(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 来年2月の北京五輪へ続くシーズンの初戦としてW杯前半戦の代表選考会を兼ねて開幕し、男子500メートルは森重航(21=専大)が大会タイ記録の34秒64で制した。19~20年の世界選手権スプリント部門とW杯500メートル総合2冠の新浜立也(25=高崎健康福祉大職)、昨年覇者の村上右磨(28=高堂建設)の世界トップクラスの選手を抑えての初V。女子500メートルは小平奈緒(35=相沢病院)が7連覇を達成。女子3000メートルは高木美帆(27=日体大職)が大会新記録で優勝した。

 約1200人の観客を入れた会場がどよめいた。男子500メートルの最終14組。森重が最後のストレートで国内最高記録保持者の村上を抜き去った。34秒64は10年バンクーバー五輪銅メダル加藤条治の12年のタイムに並ぶ大会タイ記録。前の組で滑った日本記録保持者の新浜も上回り「優勝できると思っていなかった。勝ちたい気持ちより追いつきたい気持ちが強かったので、びっくり。実感がない」と目を丸くした。今季からナショナルチーム入り。新浜、村上と共に練習して世界レベルを肌で感じたことで急成長を遂げた。

 北海道東端部の別海町出身で、小、中学時代は新浜の出身クラブでもある別海スケート少年団白鳥に所属。酪農を営む実家から練習場の町営天然リンクまで約20キロの道のりを自転車で通い、体を鍛えた。ちなみに新浜の家族は漁業を営み、練習場まで約25キロを自転車で通った。同少年団の小村茂監督(51)は「森重は後半が強く、新浜は爆発的なトップスピードが武器。酪農と漁業の2人は強みも対象的」と解説する。

 来年2月の北京五輪へ向け、森重が新浜、村上の2強と目されていた短距離陣に割って入った。1週間前のタイムトライアルで35秒50台の好記録を叩き出しており「まだまだタイムは上にいける。代表争いに加われると思っていなかったので、これから気持ちを高めたい」と力を込めた。18年平昌五輪のスピードスケートは女子が6個のメダルを獲得した一方で、男子は2大会連続で表彰台から遠ざかった。新星の存在が“お家芸”復活の起爆剤となる。

 ◇森重 航(もりしげ・わたる)2000年(平12)7月17日生まれ、北海道出身の21歳。上風連小2年時から別海スケート少年団白鳥でスケートを始める。上風連中から山形中央高へ進学。18年に全国高校選抜競技会で500、1000メートルの2冠に輝いた。主な成績は20年世界大学スピード選手権500メートル3位、20年世界ジュニア選手権500メートル3位など。自己ベストは500メートル34秒82、1000メートル1分10秒09。趣味は球技、漫画。

 ▽スピードスケート北京五輪への道 各国・地域の出場枠は最大で男女各9で、日本代表は11、12月のW杯4大会と12月末の代表選考会で選考する。この日開幕した全日本距離別選手権でW杯派遣選手を決め、W杯で日本連盟が定めた基準(平均的に3位以内)を満たせば代表に内定。残りの選手は代表選考会の成績で選ぶ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月23日のニュース