松山英樹 独走へ 前半終え2位に3打差

[ 2021年10月23日 13:32 ]

男子ゴルフ ZOZOチャンピオンシップ第3日 ( 2021年10月23日    千葉県・アコーディア習志野CC )

松山英樹
Photo By スポニチ

 首位で出た松山英樹(29=LEXUS)は前半を3バーディー、1ボギーで折り返し、通算10アンダーで2位との差を3打に広げた。

 快晴の好コンディションの中、大勢のギャラリーに囲まれスタートした松山は、序盤の2番で2~3メートルのバーディーチャンスを決めてスコアを伸ばす。

 5番パー3で第1打を池に入れたものの、ドロップして80センチまで寄せボギー。“被害”を最小限に抑えた。

 すると続く6番パー5でグリーン奥からの3打目をOKに寄せ“お先に”のバーディーを奪った。

 9番でも第2打をピン下3~4メートルに乗せ、これをしっかり沈めてバーディー。ギャラリーの歓声を浴びた。

 同組のキャメロン・トリンゲールと1組前のブレンダン・スティールが3打差の2位で松山を追いかけている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月23日のニュース