松山快挙を海外メディアも大きく報道、NYタイムズ「革新的勝利。英雄」

[ 2021年4月13日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー マスターズ最終日 ( 2021年4月11日    ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7475ヤード、パー72 )

松山のマスターズ優勝を伝えるニューヨーク・タイムズ紙
Photo By スポニチ

 松山の快挙は海外メディアでも大きく報じられた。ロイター通信は「国民の期待を広い肩で受け止め、日本人として男子メジャーを初制覇」、米紙ワシントン・ポストは「マスターズ優勝は松山を大谷翔平や大坂なおみ、羽生結弦が並ぶ日本スポーツ界の最高位に押し上げた」と伝えた。

 米紙ニューヨーク・タイムズは「松山は革新的な勝利でゴルフ狂の国・日本で国民的な英雄になるだろう。アジア人やアジア系米国人を標的とした暴力による不安に見舞われている中で飛躍を遂げた」と社会問題と絡めて紹介。また英紙ガーディアンは「スキャンダルに悩まされ、新型コロナウイルスで安全への懸念を抱える東京五輪を控える中、松山の勝利は渇望されていた心を和ませる物語になった」、AP通信は「震災1カ月後に破壊された地元を勇気付けるため、11年のマスターズに初出場した松山が10年後に再び国を勇気付けた」と称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月13日のニュース