競泳五輪代表の中村克 大会前の脱毛を語る 「古い角質も取れて肌もきれいになる。一石二鳥」

[ 2021年4月13日 16:39 ]

競泳の中村克選手
Photo By スポニチ

 競泳の男子100メートル自由形で東京五輪代表に内定した中村克(27=イトマン東進)が美意識の高さを見せた。

 都内で合宿中の13日にリモート取材に応じ、大会前のルーティンでもある脱毛に言及。レース前に加えて月1回程度のペースで全身のワックス脱毛に通っており「もともと毛は少ないが、古い角質も取れて肌もきれいになる。ワックスを使うから水も弾けて抵抗も減る。競技の面でも美容の面でもいいことばかり。一石二鳥です」と力説した。100メートル自由形の日本記録保持者で、水泳界きってのイケメン。東京五輪選考会として開催されて10日に閉幕した日本選手権ではただ1人、100メートル自由形の遣標準記録突破した。五輪本番では400メートルリレーでも軸を担う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月13日のニュース