元関脇・麒麟児さん死去 67歳 多臓器不全 「花のニッパチ組」として人気誇る

[ 2021年4月13日 17:51 ]

北陣親方(元関脇・麒麟児)
Photo By スポニチ

 大相撲の元関脇で、猛烈な突っ張りで知られた麒麟児(きりんじ、本名垂沢和春=たるさわ・かずはる)さんが3月1日、多臓器不全のため自宅で死去した。67歳。千葉県出身。日本相撲協会が13日、発表した。葬儀・告別式は家族葬で執り行われた。

 糖尿病と腎臓を患っていた。相撲協会関係者によると、2015年夏ごろに頭部の腫瘍摘出手術を受けた影響で顔面にまひの症状が残り、体調が悪かった。

 北の湖、2代目若乃花ら実力派がそろった昭和28年(1953年)生まれ。「花のニッパチ組」の一角として人気を誇った。

 67年夏場所で二所ノ関部屋から初土俵を踏み、74年秋場所で新入幕。幕内に通算84場所在位した。三賞受賞は11度。感情豊かな人柄も人気を呼んだ。88年秋場所限りで引退。年寄北陣を襲名し、18年3月に日本相撲協会を定年退職していた。通算成績は773勝792敗34休。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月13日のニュース