松島クレルモンは準々決勝で敗退 ラグビー欧州チャンピオンズカップ

[ 2021年4月12日 01:18 ]

ラグビー欧州チャンピオンズカップ・プレーオフ準々決勝   クレルモン12―21トゥールーズ ( 2021年4月11日    フランス・クレルモンフェラン )

トゥールーズ戦で攻め込むクレルモンの松島(右)
Photo By 共同

 日本代表FB松島幸太朗(28)が所属するクレルモン(フランス)は、トゥールーズ(フランス)に12―21で敗戦。松島は15番で先発フル出場したものの白星に届かず、欧州クラブナンバーワンを目指す戦いを終えた。

 試合はノックアウト方式のトーナメントらしく、互いにPGで3点を積み重ねる展開に。前半20分ごろには松島がフランス代表通算63キャップを誇るFBメダールを1対1で止める好タックルを見せた。後半25分ごろにはハイパントキックのこぼれ球を獲得し、敵陣奥深くまで進入。トライには結びつかなかったものの、随所で好プレーを見せた。

 今季の欧州クラブナンバーワンには届かなかったものの、さっそく次週にはフランス1部リーグが再開し、現在4位のクレルモンは17日に同10位のブリーブと対戦。その後はプレーオフ進出を争う上位勢との戦いが続く。5月29日にはトゥールーズとも敵地で対戦予定。リーグ制覇を目指す戦いで、再び松島の活躍が期待される。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月11日のニュース