カーリング男子世界選手権 日本代表コンサドーレは通算2勝3敗

[ 2021年4月6日 05:30 ]

アメリカ戦の松村(AP)
Photo By AP

 カーリングの男子世界選手権第3日が4日、カナダ・カルガリーで1次リーグが行われ、日本代表のコンサドーレは第4戦で米国に5―10で敗れたが、第5戦はイタリアに5―2で勝ち、通算2勝3敗。米国戦は第3エンドで3失点するなど苦しんだ。イタリア戦は主導権を握り、第4、第9エンドでスチールに成功した。来年の北京冬季五輪出場枠が懸かっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月6日のニュース