八村欠場のウィザーズが4連敗 ブザービーターの3Pで逆転負け ラプターズの渡辺は2得点

[ 2021年4月6日 10:56 ]

3点シュートによるブザービーターを決めたラプターズのトレントJR(AP)
Photo By AP

 NBA東地区全体11位のウィザーズは5日、敵地タンパ(フロリダ州)で同12位のラプターズと対戦。第3Q終盤で最大19点差をリードしながら、トレイルブレイザーズからトレードで移籍してきたラプターズのゲイリー・トレントJR(22)に3点シュートによるブザービーターを決められて101―103(前半61―51)で敗れて4連敗を喫した。今季の成績は17勝32敗。右肩を痛めている八村塁(23)は2試合連続、腰を打撲しているブラドリー・ビール(27)は5試合連続で欠場した。

 ラッセル・ウエストブルック(32)は23得点、14リバウンド、11アシストで今季19回目のトリプルダブルを達成し、第4Qの残り41・2秒には再逆転となる3点シュートを成功。先発したイスラエル出身の新人フォワード、デニ・アブディヤ(20=全体9番目指名)も12得点と10リバウンドを稼いだものの、第4Qでは連続12失点などで15―28とリズムを失った。

 問題だったのは101―100だった第4Q残り5・5秒にラウル・ネト(28)がレイアップを外し、トレントJRがディフェンス・リバウンドをキープしてからの4・4秒間。ネトはショットクロックをまだ3・6秒残した段階でシュート体勢に入っており、失敗のリスクを考えれば、無理にシュートせずにショットクロック・バイオレーションを受け入れた方が得策だった。プレーセレクションを含め、今季に入って再三指摘されている試合運びのまずさが、この日も最後に顔をのぞかせる結果となった。

 ウィザーズにとってラプターズ戦は今季最長のロード6連戦の初戦。このあとマジック(フロリダ州オーランド)→ウォリアーズ(カリフォルニア州サンフランシスコ)→サンズ(アリゾナ州フェニックス)→ジャズ(ユタ州ソルトレイクシティー)→キングス(カリフォルニア州サクラメント)と敵地で対戦することになっている。

 カイル・ラウリー(35)とフレッド・バンブリート(27)の両先発ガードを故障で欠くラプターズは20勝30敗。トレントは16得点を記録し、パスカル・シアカム(26)が22得点、新人ガードのマラカイ・フリン(22=全体29番目指名)がベンチから出て16得点を記録して土壇場での逆転に成功した。

 渡辺雄太(26)は第2Qの開始からコートに登場。このクオーターの開始42秒、速攻に呼応して左サイドを疾走し、スタンリー・ジョンソン(24)のアシストを受けてダンクを決めた。第3Q残り1分15秒には左コーナーから3点シュートを放ったがこれはリングに嫌われた。結局今季31試合目では16分出場して2得点、3リバウンド、2アシスト、1スティールという内容で出場時間帯のチームスコアはプラス6。なお渡辺の今季の総得点は「76」となり、これはグリズリーズ時代の2シーズンで記録していた計75得点を1シーズンだけで超えた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月6日のニュース