八村は2試合連続で欠場 渡辺との今季直接対決は2度目も持ち越し 次回対戦は5月6日

[ 2021年4月6日 06:24 ]

ラプターズ戦を欠場する八村(AP)
Photo By AP

 右肩を痛めているNBAウィザーズの八村塁(23)は5日にフロリダ州タンパで行われるラプターズ戦を欠場することになった。3日に行われたマーベリクス戦を含めて2試合連続、今季9回目の欠場。このカードは2月10日にワシントンDCで今季の初戦が行われたが(ラプターズが137―115で勝利)、このときにはラプターズの渡辺雄太(26)が足首の捻挫でチームを離れており、今季にNBAの日本人対決が実現する可能性は最後の対戦となる5月6日(タンパ)を残すのみになった。

 渡辺がグリズリーズに在籍していた昨季は2度対戦(いずれもグリズリーズが勝利)。最初の対決となった2019年12月14日の試合では第2Qに両者が1分9秒間、マッチアップするNBAで初の日本人選手による“同時オンコート”が実現していた。

 3連敗中のウィザーズはここまで17勝31敗で東地区全体の12位。同11位で19勝30敗のラプターズ戦が今季最長のロード6連戦の初戦で、このあとマジック(フロリダ州オーランド)→ウォリアーズ(カリフォルニア州サンフランシスコ)→サンズ(アリゾナ州フェニックス)→ジャズ(ユタ州ソルトレイクシティー)→キングス(カリフォルニア州サクラメント)と敵地で対戦することになっている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月6日のニュース