男子200メートル自由形・萩野らが五輪代表入り内定、本番へ向けて「もっと実力をつけたい」

[ 2021年4月6日 05:30 ]

競泳日本選手権兼東京五輪代表選考会第3日 ( 2021年4月5日    東京アクアティクスセンター )

男子200メートル自由形決勝で派遣標準記録を突破した萩野(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 男子200メートル自由形で優勝した松元から4位までの合計タイムが800メートルリレーの派遣標準記録を突破し、柳本、萩野、高橋の五輪代表入りが内定した。3大会連続出場となる萩野は、「僕たち3人は遅いですけどカツオ(松元)が素晴らしいタイムで連れていってくれた」。

 五輪本番に向けて「僕が自己ベスト近く出せば2秒近く縮まるのは確か。もっと実力をつけたい」とリオ五輪の状態に少しでも近づける。

 ◆萩野 公介(はぎの・こうすけ)1994年(平6)8月15日生まれ、栃木県出身の26歳。男子個人メドレーで16年リオデジャネイロ五輪400メートルを制覇、200メートルで銀メダル。12年ロンドン五輪は400メートルで銅。リオ五輪では800メートルリレーで銅メダル。栃木・作新学院高、東洋大出、ブリヂストン。1メートル78、74キロ。

 ◆柳本 幸之介(やなぎもと・こうのすけ)2003年(平15)11月24日生まれ、佐賀県出身の17歳。昨年9月、男子100メートル自由形の高校記録を8年ぶりに破った。東京・日大豊山高3年。1メートル82、75キロ。

 ◆高橋 航太郎(たかはし・こうたろう)1994年(平6)3月15日生まれ、静岡県出身の27歳。19年世界選手権800メートルリレー代表。静岡東高、鹿屋体大出、自衛隊。1メートル84、74キロ。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月6日のニュース