五十嵐千尋が800メートルリレーで2大会連続の五輪内定

[ 2021年4月6日 17:36 ]

競泳日本選手権第4日 ( 2021年4月6日    東京アクアティクスセンター )

<第97回日本選手権水泳競技大会 第4日>女子200メートル自由形決勝、優勝を果たした五十嵐(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 東京五輪代表選考を兼ねて行われ、女子200メートル自由形は五十嵐千尋(25=T&G)が1分57秒47で制した。個人での派遣標準記録(1分56秒82)には届かなかったが、800メートルリレーの1人平均の派遣記録1分58秒13を満たし、2大会連続の五輪代表に内定した。

 序盤から先行した2位の白井璃緒(21=東洋大)を追い、ラスト50メートルで追い上げた。「4年に1度の五輪の選考会なのでアップ中も見えるくらい緊張していた」と振り返り、優勝にも「1番は個人の派遣を狙っていたので届かなくて悔しい」と反省。上位4人によるリレーの派遣標準記録にも及ばず「私が貯金をつくっておきたいところだった。みんなで行きたかった。もうちょっと引っ張っていけたら良かった」と悔いの残る結果となった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月6日のニュース