女子100メートル背泳ぎ・小西杏奈が逆転Vで初五輪切符 「会社の人に恩返しできてうれしい」

[ 2021年4月6日 05:30 ]

競泳日本選手権兼東京五輪代表選考会第3日 ( 2021年4月5日    東京アクアティクスセンター )

女子100メートル背泳ぎ決勝で優勝し、笑顔を見せる小西(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 女子100メートル背泳ぎ決勝は小西杏奈(24=ガスワン)が59秒93で頂点に立った。

 女子100メートル背泳ぎで優勝した小西が400メートルメドレーリレーの選考基準を満たし代表に内定した。前半を2番手で折り返し、終盤に伸びのある泳ぎで逆転優勝。初の五輪切符に「いつも会社の人に助けてもらっているので恩返しができたことがうれしい」と安堵(あんど)も、個人での派遣標準記録突破を逃し「まだまだなんだと思ったので頑張りたい」と表情を引き締めた。

 ◆小西 杏奈(こにし・あんな)1996年(平8)5月10日生まれ、兵庫県出身の24歳。女子100メートル背泳ぎで18年アジア大会銀メダル。17、18年に日本選手権優勝。愛知・豊川高、中京大出、ガスワン。1メートル59、51キロ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月6日のニュース